フーバーダムの建設|安いラスベガス旅行

ホームページ-タイトル・イメージ ウキペディア参照

金鉱ブームも去った頃、1929年の株式大暴落に端を発した大恐慌が起り、さしたる産業のないネバダ州では、税収確保の為1931年賭博を合法化した。1931年に近郊(街の南東48Km)にフーバーダムが着工され、ルーズベルト大統領のニューディール政策の時代の1936年に完成した。労働者の流入と安価な電力の供給で、街は大きく発展した。1940年代に入るとダムから得られる豊富な電力を利用して、第二次世界大戦中にはネバダ砂漠に軍事基地や核実験場(ネバダ核実験場)が続々と建設され、その関係者が町に住むようになった。

発見

ホームページ-タイトル・イメージ

ラスベガスは1820年代後半、ソルトレイクシティからカリフォルニアを目指すモルモン教徒によって発見された。ネバダ砂漠の中にあってこの付近は窪んだ地形となっており、オアシスとなっていた。「ベガ」とはスペイン語で「肥沃な草原」の意の女性名詞で、「ベガス」はその複数形。これに女性定冠詞(複数形)を付けて「ラスベガス」となり、それが固有名詞となった。

ゴールドラッシュと鉄道の開通

1840年代末に現在のカリフォルニア州で金が発見され、ゴールドラッシュが起ると、カリフォルニアに向かう砂漠の中の貴重な中継地点として、定住する者が現れた。

1905年、ユニオン・パシフィック鉄道の開通に伴って、水の便の良いラスベガスは蒸気機関車の給水地となり、現在のダウンタウンに駅が造られた。

スポンサードリンク

HOME| コンテンツ1| コンテンツ2| コンテンツ3| コンテンツ5
拓夢書房・ロゴマーク
安いラスベガス旅行
安いラスベガス旅行

 アメリカ
 ラスベガス
旅行