ホテルラッシュ|安いラスベガス旅行

ホームページ-タイトル・イメージ ウキペディア参照

その後も、資金融資などの形で限定的なマフィアの介入はあったが、ゲーミング・ライセンス(カジノ開設、運営の権利を定める一連の州法など)の厳格化に伴いその影響力は漸減し、1990年代にはほぼ払拭されたと考えられている。それに伴って投機ブームが起り、より広い土地が必要となったこともあって市街は南方に大きく拡張した。

そして1980年代の末頃から、巨大テーマホテルブームが起り、現在に至っている。またこの頃より各ホテルの広大な敷地を使ってのコンベンションなどが多数開かれるようになった。

なお、客室数ベースで世界の 12 大ホテルのうち 11 軒がラスベガス地区に存在する。ホテルが多い理由の一つとして、一定規模以上のカジノの建設は、客室数 200 室以上のホテルの付帯施設としてしか認可されないことも挙げられる。

発見

ホームページ-タイトル・イメージ

ラスベガスは1820年代後半、ソルトレイクシティからカリフォルニアを目指すモルモン教徒によって発見された。ネバダ砂漠の中にあってこの付近は窪んだ地形となっており、オアシスとなっていた。「ベガ」とはスペイン語で「肥沃な草原」の意の女性名詞で、「ベガス」はその複数形。これに女性定冠詞(複数形)を付けて「ラスベガス」となり、それが固有名詞となった。

ゴールドラッシュと鉄道の開通

1840年代末に現在のカリフォルニア州で金が発見され、ゴールドラッシュが起ると、カリフォルニアに向かう砂漠の中の貴重な中継地点として、定住する者が現れた。

1905年、ユニオン・パシフィック鉄道の開通に伴って、水の便の良いラスベガスは蒸気機関車の給水地となり、現在のダウンタウンに駅が造られた。

スポンサードリンク

HOME| コンテンツ1| コンテンツ2| コンテンツ3| コンテンツ5
拓夢書房・ロゴマーク
安いラスベガス旅行
安いラスベガス旅行

 アメリカ
 ラスベガス
旅行